· 

「努力、そして最初の勇気」

 今日は、ウィーン日本人国際学校第42回創立記念日でした。最初の記念日は1978年9月1日。今年は、コロナ禍により、生徒と教職員でお祝いの会をしました。

 小学部代表として、2年生が「学校の好きなところ」をスピーチしました。ウィーン日本人国際学校は、たくさんの行事がある、校庭がとってもきれい、サクランボとリンゴの木がある、図工室にはみんなの作品がいっぱいある等、学校の魅力を紹介しました。

 中学部代表として、2年生が「努力、そして最初の勇気」と題してスピーチしました。まず、スピーチの初めに、「外国人とコミュニケーションをとるのに困ったことはありませんか。」と、みんなに問いかけました。彼女は、どのようにして自らの壁を乗り越えていったのかを実体験をもとに話しました。キーワードは「勇気、はじめの一歩」。勇気を出して、一歩踏み出せば、周りも受け止めてくれる。そして、勇気がやがて自信に代わる。最後に、ガールズスカウトの経験から学んだことを、これからの学校生活に生かしていきたいと結びました。とっても素敵なスピーチでした。