· 

子どもの自己肯定感を育てるには?

 私は、これまで36年間、教育現場で子ども達と接してきて、経験的に子どもの自己肯定感は、成功体験を通じて育まれると考えます。

 皆さんもご存じのように、何か新しいことを身につけようとするとき、最初のうちは努力してもうまくいきません。例えば、自転車に乗るとき、ドイツ語を学ぶとき等、はじめはなかなかうまくいかないものです。

しかし、ある時期を境に、どんどんできるようになるときがあるのです。だから、最初の難しい時期をいかに耐えることができるかが、成功に向けた大きなポイントになると思います。

 そして、うまくいった瞬間を親や教師が感じ取り、子どもに分かるように具体的にほめてあげることが、子どもの将来に大きな影響を与えると考えます。

 子どもにとっては、成功に大小はありません。小さな成功も無視してはいけません。その成功体験を通じて子どもの自信と自己肯定感が育まれます。

 「自分はこれが得意だ」と言えるものが一つあれば、私は十分だと思います。本人が努力して得意になったことであれば、より大きな自信と自己肯定感を得ることができます。子どもを鍛えて、ほめていきましょう。