· 

ピンチはチャンス~いつも心はATM~

 私が好きな言葉の一つに、「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る」があります。私たちは、失敗したときに、「時間が足りなかった。時間があればできた。負けたのは私のせいじゃない。」等々、何かにつけて不満や愚痴ばかり言うことがあります。もちろん、不満や愚痴は、誰にでもあるし、いくらでも言えます。しかし、不満や愚痴ばかりを言い続けて成功した人、人生がひらけていった人はいません。

 逆に、希望を語る人は、いつも目標に近づこうと努力しています。希望がやる気を、やる気が努力を引き出すのだと私は思います。

 是非とも、皆さんには、夢、目標の実現に向かって努力する人になってほしいと思います。

 最近、勉強が難しくなったな、勉強するのが楽しくない等々、不安に思っている人、できない自分が嫌いだと思っている人がいるようです。悪いことばかり考えると悪い方向に行ってしまいます。

 私は、自分の心の持ち方を少し変えることで、道はひらけるものだと信じています。心の持ち方を前向きに見直すことは、人間の成長にとってとても大切なことです。やればできると自分を信じ、努力を続ける人になってください。

ピンチの時のキーワードは、いつも心はATMです。ATMとは、明るく(A)、楽しく(T)、前向きに(M)です。心の状態をATMにすれば、ピンチはチャンスに変わります。がんばれ、ウィーン日本人国際学校の子ども達!