凡事徹底

 

 2022年度がスタートしました。本校は、本年度も、教師と児童生徒の合い言葉を「あいさつ、掃除、やさしい言葉と猛勉強」、そして「三方良し…あなた良し、わたし良し、みんな良し」とし、保護者、学校協会理事会、日本人会、大使館等に信頼される学校づくりに全力で取り組んでまいります。

 また、本校は、主体的に学習に取り組む児童生徒を育てる学校づくりを進めるために、「個別最適な学びと協働的な学びの創造」をテーマとして、学習行動目標「わけそえ」の共通実践を通してまいります。

 特に、学習指導においては以下の4つの点を重視します。

 

① 基礎的・基本的な知識の定着

② 自ら学び、自ら考える力の育成

③ 学習行動目標「理由(わけ)を添えて話すことができる子ども」の育成(わけそえ)

④ 個に応じた指導、習熟の程度や興味・関心等に応じた指導方法の工夫

 

 以上、4つの視点からの取組は、主体的に学習に取り組む児童生徒を育てるために、とても重要なことです。私たちウィーン日本人国際学校の教職員は、当たり前のことを当たり前にできる子どもを育てる「凡事徹底の教育」を充実させてまいります。

今後とも、保護者、学校協会理事会、日本人会、大使館等の皆様のご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願いします。

 

2022年4月     

ウィーン日本人国際学校

 

校長 波多江 修